2007年03月04日

奥さん米屋です

いままでこのフレーズをきいたことはあって、
昼下がり系のエロスなにおいもかぎとっていたのですが、
友人の実家では米は配達で運んできてもらうときいてはじめてぴんときた。

米ってスーパーで買うと重い、重いのに配達ってあたまがなかったのです。
そいで、配達といえば、屈強な若い男性、、、
そういう意味で米屋だったんだ〜。
それにしても、元ネタってそもそも何だろう。
曲のタイトルとかになってるみたいなんですけどね。
古き良き時代のベタな設定なんでしょうか。

あ〜すっげやらないといけないことが山積してると
ほんとどうでもいいことばっかり考えちゃうなあ。。
posted by guttan at 02:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
色々、、考えているのね。
guttanの頭の中が、解明されていく。。(迷路)
好みでいうなら、屈強な若い男性より。。
繊細で眼鏡の美少年が好きでござる。
そんな米屋はいいねぇ。。
Posted by kimi_22 at 2007年03月05日 23:40
「奥さん」ってだけで「団地妻」並の…
それに米屋とか洗濯屋がついたらもう物語ができるね
私は魔裟斗みたいなかんじがいいでござる。
Posted by akno3 at 2007年03月06日 15:05
>kimi_22さん
そうなんですよ、いろいろ考えてるんです。。
繊細でめがねの美少年いいな〜〜〜。
さいきんそんな妄想もしていないなーーー。
あ〜〜妄想ばっかりしてたい。

>akno3
まさとケツコンしたね。
団地妻もベタですね。
米やの配達ってどんなだろう、
人力車のお兄さんも日焼けして白い歯で
いい体してるから、そういう感じかなって
おもったらすこし胸キュン
Posted by guttan at 2007年03月06日 15:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。